2月 16

今回の青森の旅も終盤へ。あとは、お土産を物色してお弁当とビールを購入して、新青森まで延伸した東北新幹線に乗って帰るだけだ。

お土産は、どこへ行っても最終目的地の駅や空港で購入している。今回は新青森駅で購入することに。

IMG_1738

弘前駅は、駅舎が現代的な建物で凄く綺麗だ。しかし、この駅も特徴がないので、他の駅と一緒であまり面白くない。JRももう少し考えれば良いと思うのだが。。。

IMG_1742

弘前から新青森へ奥羽本線の普通列車に乗って移動。

IMG_1745

新青森駅に到着。

IMG_1747

はやて36号。新青森を17時12分に出発して盛岡、仙台、大宮、上野、そして東京に20時36分に到着する。所用時間は3時間24分。寝台特急「あけぼの」で約12時間かけて来たのに、新幹線だと3時間30分弱。やたら目ったら早い。技術の進歩というか、資本力というのか、人間の飽くなき欲求というのか凄すぎる。

IMG_0183

IMG_0185

寿司で始まった、今回の旅のグルメも最後は「しゃけいくら釜飯」でおしまいだ。この弁当を買った後で思ったのだが、この弁当は昨年3月の「東北の旅」で青森駅で買った弁当と同じだったのだ。

本当は「浜焼きホタテ 海鮮ひつまぶし」弁当がほしかったのだが、残念ながら売っていなかったので、この弁当にしたのだが。。。

さて、ビールを飲みながら弁当を食べている間に新幹線は一路、東京へと。

3時間30分なんて、来た時の12時間に比べれば、あっという間だ。時間が短く早く到着するのは、忙しい現代人には良いのかもしれないが、旅情は味わえない。

やっぱり、旅は時間を掛けていくところに良さがあるのではないかと思う。流石に12時間かけて到着すると、遠くまで来たな~ということを感じる。青森の地元の人には、やっぱり便利になって良いとは思うが。

ならば、ゆっくり行きたい人向けの列車も運行してほしいと思うのは僕だけだろうか。寝台特急「あけぼの」もいつ廃止になるのか判らないが、きっといつか廃しになる運命なんだろう。

現代の旅は、世知辛くて良くないと思いながら新幹線は東京駅へと到着した。

今回の「青森の旅」はこれでおしまい。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*