9月 20

ぶらり旅3日目だ。今日は、長崎名所めぐりだ。

まずは、長崎と言えば原爆。という事で、原爆資料館、爆心地、平和記念公園が有名である。広島の原爆資料館には残念ながら一度も行った事がない。広島には、これまで何度も行った事があるにも関わらずだ。という事で、長崎の原爆資料館に今日最初に行ってみた。

被害を受けた街だから仕方ないが、原爆資料館では、原爆の悲惨さを現す展示内容であった。確かに、たった一つの被爆国で、二つの被爆地の一つの街である長崎だから、原爆の悲惨さを表現するのは当たり前だ。しかし、日本に原爆が投下された理由も認識する必要があるのではないか。しかし、戦争の被害にあうのは、いつも市民レベルではあるのは納得いかない。今ならイラクもたぶん同じではないだろうか。

そして、次は出島だ。率直な感想は、以外と小さいという事だ。現在の出島が、昔のままかどうかは定かではないが。歴史の順番からするとかなりメチャクチャだが、効率的に移動すると、こうなってしまうのだ。

ここで、上手い事にランチタイムになったので、チャイナタウンでランチ。架橋のパワーは凄い。世界中何処に行ってもチャイナタウンはある。長崎のチャイナタウンは、もっと歴史が一杯だとは思うが。。。
ランチは、長崎ちゃんぽんだ。チャイナタウンの近くのコンビニでガイドブックで見つけた「紅山楼」に行った。長崎ちゃんぽんには、特上、上、中があったが、普通の長崎ちゃんぽんをオーダーした。朝飯を食いすぎた為、イマイチお腹が減ってないという理由からである。

この「紅山楼」の長崎ちゃんぽんは、結構旨かった。野菜やら魚介類(蛸とかまぼこ)と豚肉がトッピングされた太麺だ。スープもかなりコクがあって、太麺と合っている。これで735円。プライス的に見ても最高だ。

そんな、こんなで午後のスケジュールの開始だ。まずは、オランダ坂へ。一言で言えば、ただの坂道だ。オランダ坂の上には、九州では結構有名らしい「活水女子大学」がある。

そして、次に向かったのは、大浦天主堂&グラバー園だ。この大浦天主堂への道の途中にボーリング発祥の地なる碑を見つけた。ボーリングは長崎から広まったのだと初めて知った。ボーリングは、そんなに昔からのスポーツだったのだろうか。ボーリングはオランダからの輸入物???

このグラバー園の中に、旧三菱第2ドックハウスから見た長崎の街は絶景だ。この建物は、最初からこの地にあった訳ではないので、昔の人がこの景色を見ていた訳ではない。このグラバー園の中に、「フリーメイソン・ロッジの門」なるものがあった。フリーメイソンの話を始めるときりがないのでここでは割愛するが、日本にもフリーメイソンの施設があったとは以外だ。現在のフリーメイソンと言えば、1ドル(US$)紙幣が有名であるが。

グラバー園を後にして、次に向かったのは、長崎港の遊覧船乗り場だ。昨日、駅の観光案内で貰った割引券があったので、船に乗る事にしたのだ。船から三菱重工の大きなドックが見え、そこに建っている建物が三菱重工の本社だと観光船のガイドのオッサンがしゃべっていた。調べた事は無いが、確か三菱の発祥の地は確か長崎なので、不思議ではない。現在は、登記簿上は東京・丸の内に移ってはいると思うが。三菱に多少関係のある会社に勤めている者としては、多少気になるところだ。1時間の遊覧は、結構快適だった。船上の椅子に座っていたら、余りの気持ち良さについついウトウトしてしまった。因みに、東京三菱銀行の支店もあった。これも当然と言えば当然だ。

下船した後、スタバでお茶した後、スタバの入っていた「夢菜都」なる建物の中に、「バダンバルー」なるアジアンスパ(?)を偶然見つけて、ついついオイルマッサージを受けてしまった。お店のお姉さん曰く、この東京に本社があるらしい。今度は東京で行ってみるのもいいかもしれない。

本日最後は、晩飯だ。海の街に来て、魚を食べない訳にはいかない。という事で、寿司だ。これは特に調べた訳ではなく、ぶらっと適当に寿司屋に入った。しかし、適当に入ったわりには、寿司ネタが結構旨かったのだ。ラッキー!!

長々と書いてしまった。ブログ読者がどれ位いるかは知らないが、読むのも大変だ。自分だったら、途中で読むのを諦める気がする。

写真は、後日アップ予定。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*