3月 27

盛岡じゃじゃ麺を堪能し、お腹も一杯になり盛岡市内を散策し、早速次なる地へと移動だ。次の目的地は八戸だ。

IMG_9864

盛岡~八戸間は、鈍行列車に乗る事に。ここは以前、東北本線の一部だったところが、今は「いわて銀河鉄道線」と「青い森鉄道線」になっている。盛岡から八戸までは約2時間の乗車だ。のんびりと読書をしながらの旅だ。

IMG_9865

一応、アルミボディの列車である。もっと古い型の列車だと雰囲気もでるのだが。。。

DSCF1319

車窓からの眺めは、まだまだ冬を思わせる雪国の風景が広がる。

DSCF1320

流石に車内は空いている。最初から最後まで乗っていたのは2、3人だけである。暖かい車内でいい感じの揺れに、眠気をそそられないはずはない。本を読んでいて、途中で寝てしまったことは言うまでもない。

IMG_9867

そんな、こんなで鈍行列車の旅を堪能していると、いつの間にかもう「八戸駅」へと到着。この駅は今から20年ぐらい前に何度か出張で訪れたことがある。その当時は、もっとボロボロの駅舎だった気がする。今は、東北新幹線の開業に伴って駅舎が綺麗に整備されていた。

IMG_9871

IMG_9870

八戸駅から本八戸駅へは、八戸線に乗り換える。久慈行きの列車で2つ目の駅が「本八戸駅」だ。八戸の市街の最寄り駅は「本八戸駅」なのだ。

IMG_9872

IMG_9874

本日の最終地点の「本八戸」へ到着。東北以外の人だと、なかなか八戸に訪れることは少ないだろう。八戸は漁港の街で、イカ漁が盛んな場所である。昔訪れた時もイカを堪能した記憶がある。居酒屋に入って、イカゲソの素揚げを頼んだら、20cmぐらいの皿に山盛りイカゲソが盛られていて、なんと300円ぐらいだったことが忘れられない。


大きな地図で見る

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

2 Responses to “ぶらり旅シリーズ「北帰行の旅」~八戸移動編~”

  1. もへじ より:

    ローカル線に乗った時の、あの独特の時間の流れ方というか、駅に停車中のシーンとしたかんじがいいんですよね。

    外の景色とあいまって、旅情あふれるかんじですね。

  2. Hisashi より:

    もへじさん

    世界のローカル線の旅なんて企画してみたいですね。
    企画としては最高な感じ。

Leave a Reply

*