12月 30

今年を締めくくる旅は、修善寺と三島の旅だ。(たぶん、年内の旅はないと思うが、あと1日あるので最後の最後があるかも。。。)

IMG_8781

横浜から東海道線に乗って、熱海でJR東海の東海道線の車両に乗り換え。

IMG_8782

三島駅へ到着。Suica で乗車してきた。JR東海の三島駅の自動改札を通ろうとするとゲートが閉まる。どうやら、JR東日本でSuicaで入札して、JR東海の駅で出札はできないらしい。有人改札で乗車駅からの運賃を現金精算することになっているらしい。SuicaでもJR東海のエリア内で入札と出札をする場合には利用できるようだが、会社間をまだく入札と出札の場合は利用できないらしい。首都圏の私鉄とJR東日本みたいに自由に出入りできれば便利なのにね~と思ったりだ。

IMG_8783

三島から修善寺は、伊豆箱根鉄道で30分程度の旅だ。

IMG_8787

意外とあっという間に、修善寺駅へ到着。まあ、本を真剣に読んでいたせいもあるが。。。

IMG_8790

修善寺駅には13:30頃到着した。昼食は修善寺温泉街の中で蕎麦でもと思っていたが、時間が時間だけに温泉街へと向かっていると昼飯抜きになりそうな気がしたので、駅前にある「定連」という蕎麦屋に入った。

IMG_8789

今回の旅の一食目は「きのこそば」(900円)だ。干し椎茸が肉厚に切ってあって旨い。蕎麦自体はまあまあな感じ。でも、店内には芸能人とかのサイン入り色紙がたくさん飾ってあった。旨い店として有名なのか、駅前にあって便利なのかは定かではないが。。。

IMG_8792

修善寺駅から修善寺温泉までバスがあるのだが、まあ、そんなに遠くないだろうという予測をし、温泉街へとトボトボ歩くことに。これまで車でしか来たことがなかったので、感覚的にすぐだと思ったのだが、意外と遠かった。。。

IMG_8800

そんなこんなで、20分ぐらい歩いて修善寺の温泉街へと到着。最初に訪れたのは日枝神社だ。ここには立派な杉が何本か立っている。その中の2本(1本?)に「子宝の杉」との看板が。

IMG_8801

ははぁ~ん。そういうことね。2つの杉の間(股)を通ると子宝に恵まれるって事ね。

IMG_8804

次は、街の名前にもなっている「修善寺」だ。漫画の一休さんにでも出てきそうな、お寺の雰囲気。これぞお寺って感じがする。いまどき、「一休さん」と書いてもわかる人は少ないだろうが。。。

IMG_8811

なんと、龍の口から出ているのは温水だ。温泉なのかは不明だが、柄杓で水を触ると暖かい。いろんな神社・仏閣へ行ってたが、お湯が出ているところは初めてだ。

IMG_8826

とっこの湯は、なんと橋が工事中で近寄れない。足湯を楽しもうと思ったのだが残念。この工事、もう少し時間がかかりそうです。修善寺に行かれる方は注意です。

IMG_8831

源頼朝の弟の源範頼のお墓。

IMG_8841

指月殿。修善寺と温泉街と指月殿と竹林の小径は「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」で2つ星で掲載されているらしい。へぇ~。

IMG_8849

源頼家のお墓。源氏二代将軍だった源頼家は23歳の若さ暗殺されたそうな。

IMG_8851

温泉街と言えば射的。誰もやってなかったけどね。

IMG_8836

温泉街に来て、温泉に入らないワケにはいかない。今回入った温泉は「筥湯」。ここは、檜の風呂が一つだけあって、本当に湯船に浸るだけの温泉施設だ。それだけあって入場料も350円とお安い。

ここの湯は少々熱めだ。多分42~43度はあるだろう。寒い日には最初に湯に入る時は少々辛いかもしれない。温泉は無色透明で少々固めな感じのする湯だ。

IMG_8863

温泉にも入ったし、すっかり暗くなりつつあるので晩御飯を食べる為に三島へ移動。温泉街から修善寺駅まではバスを利用。1時間に3本ぐらい走っている。まあ、便利とは言えないが不便な便数でもない。

[gmaps:34.97215091001747/138.93025159835815/15/480/360](comment)[/gmaps]

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*