2月 17

携帯電話見本市「3GSM」で、英ボーダフォンのアルン・サリン社長がインターネット電話へ参入意欲を示したとの事である。

固定電話は、IP電話になりインターネット電話になるという変化が起きているので、携帯電話がインターネット電話になってもおかしくない訳である。

携帯電話自体がただの携帯IP端末に変わり、携帯IP端末に Skype が搭載されるという事になるのだろうか。

さて、この携帯電話でインターネット電話が可能になる為には、携帯電話のネットワークインフラがオールIP化される必要があるだろう。既にIP化自体は進んでいる(携帯電話キャリアにもよるが)。

現在の携帯電話会社のネットワークは、昔の交換機の技術を使って組みあがっている為、NTTと同じ高コスト構造になっており、これが携帯電話の通話料金が高い理由だ。

英ボーダフォンは、携帯電話屋から無線インターネット屋に変わろうとしているのだろうか?このビジネスモデルなら、インターネット電話でのビジネスモデルも構築できるだろう。

ユーザーの立場からすれば、技術革新で低コスト化がされるのは大いに歓迎である。頑張れボーダフォン!って感じだ。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*