8月 24

今回の旅のメインイベントとも言えるビクトリア・ピーク。前回はあいにくの雨だったので、諦めたのだが今回は天気もよいので絶好の機会である。まずは下見がてら昼間に一度行ってみることに。

IMG_6261

ピークトラムの駅。昼間で、この混みようなので夜にはどれだけ混むのだろうか?と少々気にならないわけではないが、取り合えずピークトラムの乗車を待つこと約15分。

IMG_6272

やっと乗車可能なトラムがやってきた。このトラムにのっていざ頂上付近へ。

IMG_6281

いくらワイヤーで引っ張るとはいえ、余りにも急勾配を登っていく。30度から40度ぐらいの勾配だろうか。話は変わるか、隣に座ったオーストラリアからきた爺さん(孫家族と一緒に来ていた)の Aussie English があまりに訛りが酷くて殆ど聞き取れなかったので、適当にしゃべってしまった。爺さんゴメン。まあ、こう書いても爺さんは英語しかわからなさそうなので、日本語のブログで謝っても意味はないのだが。。。

IMG_6289

ピークトラムに揺られること15分程度で山頂駅へと到着。

IMG_6295

早速、夜景を撮影するための撮影ポイントを探すことに。最初に来たのは Lions Club がお金を出したのは不明だが、無料の展望スポットから一枚。(本当は沢山撮影した中一枚ではあるが)

昼間の状態で、対岸の Tsim Sha Tsui の高層ビル群があまりの湿度の多さに霞んで見える。この季節だからこんな状態なのか、それとも年中こんな状態なのかは不明だがこの日はこんな感じだ。

いろいろ夜景撮影スポットを探して、一旦ホテルへ戻って腹ごしらえと撮影機材(機材といっても三脚だけだが)をもって再度やってくることに。

19時ごろに、ピークトラムの駅へ再度やってくると長蛇の列。流石に世界の三大夜景スポットだけのことはある。因みに、その他の二つは函館山とナポリのポジリポの丘だ。
昼間の混み具合でトラムを2列車乗り過ごしたので、列に並んでいる人の数で推測すると2時間待ちぐらいでは?と判断。走ってきたタクシーを捕まえて山頂駅まで15分ほどで移動。

IMG_6357

三脚使ってもなんとなくピンボケ気味なのが。。。である。もっと腕を上げて、またいつかチャレンジしたいものだ。それまでは横浜の夜景で練習かな。

IMG_6369

やっぱり、夜になっても湿度が高いせいか、対岸のビルは綺麗に見えない。。。あぁ~、やっぱり。。。
今回撮影した場所はここ。

[gmaps:22.27088130582603/114.15085136890411/14/480/360](comment)[/gmaps]

ここは、無料の展望台から1~2分奥へ入ったところ。展望台よりも人が少なくて三脚を立てていても大丈夫であった。

IMG_6410

山頂での撮影にも飽きたので、対岸の尖沙咀プロムナードへ移動。土曜日の夜なので、オフィスの電気が点いていないので、若干夜景としては今ひとつな感じではある。

[gmaps:22.29312928471077/114.17134881019592/15/480/360](comment)[/gmaps]

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*