3月 13

今朝の日本経済新聞の科学面に「朝永振一郎」という名前が出ていた。朝永振一郎博士。日本の素粒子研究でノーベル物理学賞を受賞者だ。この名前を初めて聞いたのは高校生の時だった。物理の世界に進むなら、この本を読めと言われた本が「物理学と私」だ。高校生の自分には、少々難しかった記憶がある。結局物理の世界には進まず、電気工学の世界に進んだ訳だが今でも、もう少し勉強して物理の世界に進めば良かったと思う事も間々あったりする。

そんな朝永振一郎博士と湯川秀樹博士の生誕百年の記念イベント「湯川秀樹、朝永振一郎生誕百年記念 素粒子の世界を拓く」が国立科学博物館で3月26日から開催される。

ゴールデンウィークまで国立科学博物館で開催されているようなので、一度足を運んで見たいと思う。

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*