11月 25

三連休の中日の日曜日に、若き二人の祝福に出かけた。要するにWedding Party。日本語で言えば披露宴と二次会だ。2つの言葉の意味するところは多少違うが、どちらも思いは「幸せになってね」ってことで同じだろう。

さて、今回訪れたParty会場は、代官山の「Maison Paul Bocuse」だ。ここは言わずと知れたフランスのリヨン郊外での三つ星レストランを営んでいるポール・ボキューズの日本の店である。

流石に、フレンチの名店「Paul Bocuse」の日本の店だけあって、料理もワインもデザートも美味いのなんの。まずは、披露宴の料理の紹介から。

IMG_3050

IMG_2905
これ、旨かった。

IMG_2925
トリュフのスープ。絶妙な味のバランスです。お見事です。このスープはまた飲みたい。

IMG_2945
イトヨリのポワレ。白身のイトヨリの上に、ジャガイモで作ったパリパリの鱗が乗っかっている。このジャガイモのパリパリ感とふっくら焼きあがった白身との相性が抜群でした。

IMG_2957
牛フィレ肉のソテー。肉が柔らかくて、久々にいい肉食べたって感じ。実は金曜日に会社の人と焼肉屋に行ったのですが、流石にそこらの焼肉屋の肉とは違いますな。(比較すんな!って感じもしますが。。。)

IMG_2990
クリーム・ブリュレ。ポール・ボキューズと言えば「クリーム・ブリュレ」と言っても過言ではないかも(本当か???)。クリーム・ブリュレを最初に作ったのは、ポール・ボキューズだ。

IMG_2997
ケーキ・カットしたケーキとアイスだ。このバニラアイス旨いっす。ケーキとか、フルーツとかと一緒に食べると相性ぴったり。

IMG_3025
最後に出た小菓子。この時には既にお腹一杯で、一個も食べなかった。。。

さて、料理はこれぐらいにして披露宴と二次会の話題へと。

披露宴と言えば、今も昔も「笑い」と「感動」との組み合わせが定番だ。若い頃は、何も考えずに楽しんでいたのだが、久々(6、7年ぶりの披露宴のような気がする)に披露宴に出てみると、感動のポイントが変わっていることが顕著にわかる。

披露宴の終盤に花嫁から両親への手紙というコーナーが設定されていると思うが、このコーナーに感じ入って涙ぐむことは無かったのだが、年齢とともに両親の想いとかがわかる年齢になってくると、このコーナーは結構効く。かくして、今回はもう少しで涙がこぼれ落ちそうになったのだ。

人間は、歳をとると何故涙腺が弱くなるのだろうか?脳が関係しているのか、それとも涙腺あたりの筋力などの肉体的衰弱によることが理由だろうか。たぶん、後者だろう。

今回の披露宴・二次会は、感動もありつつも全体的には楽しい会だった。これは新郎・新婦の人柄が多いに貢献しているだろう。

新郎・新婦>これからもずっと仲良く、幸せにね。

写真はいつもの Flickr と Picassa に保存しました。
FlickrのIDを持っている人は、Contactをしていただけばと。
その他の方は、連絡を頂ければ別途Picassa Web AlbumのURLを送ります。Picassaの方は、同じ写真でもRAW画像を補正してあるので間違いなく綺麗になっていると思います。。。

新郎へ業務連絡>
写真はPicassa Web Albumと同じものをDVDに焼いてお渡しします。RAW画像そのものが良い場合は別途連絡ください。


メゾン ポール・ボキューズ

東京都渋谷区猿楽町17-16
代官山フォーラムB1F
TEL:03-5484-6324

[gmaps:35.64949381650413/139.6986722946167/16/480/360](comment)[/gmaps]

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

2 Responses to “二人の門出”

  1. 新郎です! より:

    新郎です。
    このたびはお忙しい中、本当にありがとうございます!
    皆様のおかげで、一生の思い出となる披露宴&二次会となりました。

    またコメントも本当に温かいっすね。
    感動です。

    写真もたくさん撮っていただいてホント感謝です。

    ちなみに写真を見てて、やはり似顔絵は似てなさすぎですね。。。
    ごめんなさい。
    フランス旅行行ったときに、、絵描きさんに「もっと美人に!」「もっとハンサムに!」と言い過ぎました。。

    またぜひとも会社でお礼に伺います。
    本当にありがとうございました!!!!

  2. Hisashi より:

    新郎さん

    こんばんは。

    本当にお疲れ様でした。
    準備等いろいろ大変だっただろうな~と思います。

    # 僕は経験したことないので、今ひとつ実感としては解らないのですが、
    # 想像するに大変だっただろうなと。

    これから住まい探しやら、お正月を迎えるやらでイベント事がまだ続くと思いますが、体調を崩さず乗り切って下さい!

    #写真の件は、配慮が足りず本当にすいませんでした。
    #深く反省。

    では、末永くお幸せに。

Leave a Reply

*