11月 02

IMG_2575

鶴の湯温泉の次に訪れたのは「蟹場温泉」だ。この蟹場温泉には、唐子の湯(混浴露天風呂)、岩風呂(男女別の内湯)、木風呂(男女別の内湯)の3つの湯船がある。

まずは、唐子の湯(混浴露天風呂)だ。

IMG_2580

受付で料金を払って露天風呂へ。露天風呂に行くには、一度建物から出て外の道を歩いていくのだ。雪の季節はこの道を歩いていくのは少々厳しい感じだ。

IMG_2582

歩くこと1、2分で露天風呂が見えてくる。誰も入っていないかと思ったら、ついたての後ろに人がいました。。。
写真の東屋らしき脱衣所を抜けると露天風呂だ。

ここの湯は無色透明ですっきりした感じのお湯で、季節のせいか少々お湯が温い感じがしたかな。ゆっくり浸かるにはいい温度かもしれない。

このお風呂に入っているときに雨が激しく降ってきて、少々おつな感じでだった。雨粒が湯船に落ちて水滴が反射するのが、普段は経験できない体験で面白かったかな。写真で撮ったら面白い写真が取れそうな感じ。

次に内湯の木風呂と岩風呂だ。木風呂(男湯ね)の方が岩風呂よりも浴槽が大きくて良い。こちらのお湯も無色透明だが、お湯の中に湯の華がヒラヒラとお湯の中を漂っていました。さすがに内湯だけあって、お湯の温度はちょうど良い感じだ。たぶん40度ぐらいだと思う。内湯なのであまり長く入っているとのぼせてくるかもしれない。

この蟹湯温泉の料金は500円で日帰りの入浴時間は9:00~16:30だ。

秋田と乳頭温泉郷の旅シリーズ
「秋田と乳頭温泉の旅」
「秋田と乳頭温泉の旅」Part.2
「秋田と乳頭温泉の旅」~鶴の湯温泉編~

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*

preload preload preload