7月 06

信じる事とは、一体どういうことなのか。この意味を伊集院静の視点で表現された本だ。傑作と言っても過言ではない気がする。著者の文章は、読み手を本の世界へと引き込んでいく、それも凄まじい勢いでだ。読み始めは、昭和初期の時代感覚とかとっつき難い感じはしたのだが、読み始めると主人公の生き様や著者の文章力に引き込まれてしまったのだ。

自分が何を信じているのか。そして、どこまで信じているのか。信じることによって得られる幸福とは一体何なのか。考えさせられる思いだ。

羊の目
4163267409 伊集院 静

文藝春秋 2008-02
売り上げランキング : 16259

おすすめ平均star
starもう少し説得力があれば、
star浅草観音は何を語る?
star伊集院版ゴルゴ13

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先お選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索

Twitter やってます

Leave a Reply

*