8月 13

連日40度を超える場所があったりで、とっても暑い日が続いています。

お盆初日の横浜は、最高気温が33.6℃でした。昼ごはんを食べに外に出た時に、暑いけどいつもの夏の暑さだな〜と感じました。30℃ぐらいだと、なんとなく涼しいなんて感じる程です。人間の適応力ってすごいですね。

西日本では、今日もたくさんの地点で猛暑日を記録したようです。

これだけ暑いと、外出して元気に遊ぼう!という気持ちも萎えれきます。今後、温暖化の影響?で夏の間、毎日猛暑日なんて夏になると、夏は元気に室内で過ごすというパターンになるですかね。

冬眠ならぬ夏眠なんて状態になったりして。。。

8月 09

ついに、国の借金が 1000兆円 を超えてしまったそうですね。

1000兆円ですよ!もう、どのぐらい凄い金額なのかも想像が出来ないほどの金額です。

国の税収が40兆円だとすると25年分の金額です。

すご〜く単純に考えると、40兆円の税収のすべてを借金返済にあてたとしても、借金をチャラにするまでに25年以上は必要ってことですね。(以上の意味は、利子分を想定しています)

税収のすべてを借金返済には使えないので、例えば頑張って税収の 20%(8兆円) を借金返済に当てたとしても 125年 以上必要ってことです。(この計算では、これから先、もう借金はしないという前提です。)

今だいたい年間の国家予算が90兆円程度なので、税収が40兆円だとすると50兆円ぐらいの借金をして、我々、現在生きている世代は贅沢な?暮らしをしています。

上記の例で返済をしていく計画だとすると、国のサービスが現状の半分以下になることが想定できます。

例えば、現在の国のサービスを均一に今の半分にしたとすると、単純に国家公務員が半分にして、各種申請とか認可が、今は一週間だったものが二週間になったり、海外へ行くときなどの入出国検査の要員が半分になるので、検査の待ち時間が2倍になったりします。

そんな生活を125年以上続ける必要があるってことですね。かなり極端な話にしているので、そこまではとは思いますが、我々の生活は、もう少し質素な生活をするか、経済を活発にして税収を増やさないとならないってことですね。

では、このままの国のサービスレベルを維持したまま、借金を返済していくにはどうしたら良いのか?

単純に税収を増やせば良いという話ですね。例えば、40兆円の税収を3倍にして120兆円だとすると、今のレベルの生活で毎年40兆円の借金返済が出来て25年で借金がチャラになります。(単純計算ですが)

40兆円の税収を3倍の120兆円にするとなると、これまた単純に3倍以上働いて3倍以上消費するという感じなんでしょうかね。

しかし、ただでさえ長時間労働している人には3倍の余裕はないって話も。ということは3倍以上の生産性を上げるって話です。日本の労働人口は、これから更に減ることを考慮すると5倍とか7倍以上の生産性の向上が必要かもしれませんね。

これは、もう現実不可能って感じですね。

もう少し頭を働かせると、国内ではなく、海外で儲けたお金を国内に還流させるって方法もあったりします。日本企業が海外で今の3倍(海外だけならもっと倍数は多くなるかも)以上を売りあげて、儲けた分をすべて日本で納税するって感じ。

というか、どう考えても不可能な数値になりますね。

改めて思ったことは、将来の世代の利益の先食いは控えるようにしないとですね。

7月 20

Desmos | Beautiful, Free Math

世の中には、数学が得意ではない人がいる。だいたい、普通に生きていくのに必要なのもは 四則演算 ぐらいだろう。

論理思考を身につけるためにコンピュータプログラミングを身につける時には代数などが必要だったりします。

最近ではビックデータをどう使うのか?って感じで統計の知識が必要になっていたりします。

さて、そんな数学ですが、○次方程式を解くなどなど、いろんな公式を覚えたりしたと思いますが、実際にはその定理や公式には、目的があったはずです。

学校の数学は、基本的に目的をほったらかしにして、理論だけを学ぶのでわけわからなくなるのかもしれませんね。

例えば、○次方程式。方程式の解を求めるという問題があったとして、それってどういう意味?までは、あまり教えてくれません。本当は、その目的や意味がわかると面白くなるんですけどね。

この方程式をグラフで表現するとき、僕が学生時代には頭の中で想像する訳ですが、より高次元になったり、係数が複雑になったりすると頭の中ではイメージできなくなりました。

そんなグラフを簡単に作ることができるサイトが Desmos です。

Desmos Graphing Calculator_1

こんな感じで方程式を書くだけで、自動でグラフを作成してくれます。お〜!めっちゃ便利!

だいたい y=-log3(x)+3x/√5 なんて方程式を頭の中でイメージするなんて無理っす。それが簡単にグラフにしてくれると「あ〜、なるほど、こういうグラフになるのね」ってのが一目瞭然!

さらにさらに係数のある方程式も対応可能なのですよ!

Desmos Graphing Calculator_2

上記では y=ax^3+bx^2+cx+d という方程式で係数 a , b , c , d の値をスライドバーを動かくと自動的にグラフが変更されます。

これって、係数が変化すると具体的にグラフがどう変化していくのか?が一目でわかります。

ここまでは、サインアップなし&無料で利用可能です。さらにサインアップすると、グラフを画像でダウンロードできたり、プリントアウトできたりします。

これで学校の宿題や自習をしたりするときに使えます!

今の学生ってすごく便利でいいですよね〜。

7月 19

かなり、久々の更新。何も書いていなかった訳ではないけど、公開はしていない記事はたくさんあったりって感じです。

さて、いきなり本題へと。

日曜日、選挙ですね。誰に投票するのか決めましたか?

そろそろ決めないと!と思い、マッチングサイトを探してやってみたのですが、自分の考え方にあいそうな政党が分かって便利なのは良いのですが、マッチングする際の設問が生活レベルから国防や安全保障などまで、あまりにも多岐に渡っていて、収集がつかない点が気になったのですよ。そんなこんなで、選挙に向けて思ったことをつらつらと書いてみます。

選挙制度

【白票って?】

選挙に行くのは権利なので、行くのは良いのですが、どの候補者にも投票したくない場合は、白票を投じることになるかと思います。そこで、疑問が。なんで白票は数えてくれないのか?

白票も票なり!ではないかな?と思ったりしますよね。

昔考えた選挙制度の改革案で、有効投票率が50%を満たない場合は、選挙はやり直し&やり直し選挙は、元の選挙で立候補した人は、やり直し選挙で立候補しちゃダメ!ってルールはどうよ!なんてのを考えたりしましたが、実現は難しいかもですね。

国会で扱えるテーマ

現在の国会議員は、憲法や国防・安全保障の国レベルのテーマから市民生活レベルのテーマまでを議論して決定している。これって、どう考えても無理がありすぎ。毎度の国会議員の選挙で、立候補者や政党が、ありとあらゆる政策を謳っていて、何をどうやって選んだらよいのか?が決められない状況になることが多すぎる。

そんな訳で、国会(国)が議論・決定できるテーマを国防・安全保障、外交、国際金融など、国レベルでやるべきことに制限した方がいいじゃないのか?ってこと。地方分権とか道州制とか話題に上がってますけど、市民生活レベルのことを国レベルで議論しなくても、地域で決めれば良いと思いますよね〜。

国会議員の給与

どうも、国会議員って、黒い金の噂が拭えない感じがしてなりません。過去にいろんな事件があったので仕方ないのですが。。。

国会議員の活動にお金が必要なのは仕方ありません。立法府なので、法律を作るための調査や実際に文章を書くための人件費なんかも必要だと思います。

しかし、国会議員の給料はなんとかした方がいいんじゃなかろうか?と思うことが間々あります。

そこで、国会議員の給与は完全歩合制&給与の支払日は、法案の効果・成果が出た時点での支払いってことにすればいいのでは?と思ったり。

世の中、一般庶民は成果主義の中で生活している人が多くいますが、国会議員も成果主義を導入して、給与は完全歩合制が良いと思います。

もう少し具体的に説明すると、法案を作成する時に、いつ、どのような評価軸と評価基準で評価をするのかを法案に記載しておく。そして、その時期がきたら、その法案の評価軸と、その信任を国民がネット上で実施して評価額を決めて、国会議員の給与として支払うという仕組み。

これだと、成果がでなかった法案には給与を払わなくても良いし、もしかすると、給与を支払う時点で、その法案を作った人は死んでいるかもしれないので、その分は国庫金に編入するなんて仕組みも良いかもです。

これだと、国会議員が現実に働いている期間に、確実に給与は支払われなくなります。そうすると、相当、お国のために働きたい!という人以外は、国会議員に立候補しなくなるかもしれません。

国会議員とその家族の飲み食いなどの生活費はどうするの?ってことになりますが、自分の貯蓄で国会議員の間は生活して下さい!って感じで。無収入でも国会議員になって、この国を良くしてやるぜ!という高い志を持った人しか国会議員になれないって仕組みはどうよ!

その他いろいろ

この先、日本をどうしたいのか?いろいろ考えることはありますが、意思決定の仕組みをまずは変えないと!と思うのですが、今の国会議員の人やこれから、国会議員になろうとする人にとっては、上であげた制度は絶対にやりたくない改革なはず。

ということは、これからも変わらないかも・・・。と思ったりすると、選挙に行く気がなくなりそうですが、きっと、今回の選挙で立候補している人の中でも、給与なんていらねー!、選挙改革やいろんな改革して、日本を良くしてやるぜ!という人もいるかもしれません。

そんな人を見つけて、投票したいものですね。

そんな人、いるのか???と思ったりしますが、取り敢えず、選挙行きましょう!と書いておきます。

1月 02

あけましておめでとうございます。

2013年になりました。

今年もいろんなところへ行きたいと思います。

さて、今年の初詣は例年と違い、湘南での撮影を兼ねることにしてみました。

「湘南海岸の日ノ出」という絵を撮ろうということで、東海道線の始発列車に乗っていざ湘南へ。

横浜駅に着くと「ムーンライトながら」東京行きが到着する時間。

Moonlight Nagara

ムーンライトながら国鉄カラー

横浜駅で東京行きのムーンライトながらに遭遇したのは初めて。

鵠沼海岸駅

横浜から藤沢を経由して小田急線の鵠沼海岸駅で下車。この駅も下車したのは初めて。結構ちゃんとした駅ですね。もっと小さい感じの駅かと思っていました。。。

駅から歩いて海岸へ行ってみると、海からすごい風が・・・。とてもカメラを出してレンズを変える作業をできるような状態では。風で砂が舞い上がって顔にあたって痛いぐらいの風です。

正月の時期に温かい南風?って・・・。

仕方がないので、江ノ島方面へと歩いて移動。

今日の機材とマックのコーヒー

まだ日ノ出までには時間があったので、途中のマクドで朝マックでコーヒー。

iPhoneのカメラも明るい場所で撮れば、綺麗に撮れるもんですね。

江ノ島で日ノ出を撮ってみたのですが、どの写真も今ひとつ。

まだまだ風は止みそうもないので、そうそうに移動をすることに。

鶴ヶ岡八幡宮

そんな訳で鶴ヶ岡八幡宮へやってきた。毎年恒例なので、あえて説明の必要もなし。

初詣には甘酒!

初詣と言えば甘酒ってことで甘酒を頂く。江ノ島と見えない富士山

鶴ヶ岡八幡宮を後にして、次にやってきたのは江ノ島&富士山という絵を撮るために「稲村ヶ崎」へとやってきましたが、相変わらずの強風と霞で富士山は見えず。

稲村ヶ崎温泉

思い描いた写真が撮れないので稲村ヶ崎温泉へ。この稲村ヶ崎温泉は、海が近いのに塩分を含まない温泉。植物系の温泉で結構さっぱりした感じになれます。

そんな訳で、イメージした写真は一枚も撮れず今回はここまで。

今日の教訓は「撮影に出る前に天気図をしっかり見る」ですね。晴れてりゃいいって訳でもないので、これからは出発まえに天気図を見て出かけることにするってことで。

12月 03

会社を設立して1年5ヶ月。やっとやりたかったことの一つが実現した。

今日、旅の計画作成を支援するサービス「DoTraveler」をベータリリースしました。

起業して、やっとスタート地点に立った感じです。これからが本当の戦いが始まります。

これからも気合いを入れて頑張っていきたいと思います。

さてさて、このサービスですが、旅の計画を旅をする友達と一緒に作ろう!というものです。

サービスを作った背景

このブログでも旅の記事はたくさん書いていますが、旅に行こう!と思った時に、友達と旅の計画についてメールで情報共有やコミュニケーションをとっていました。

このメールでの情報共有やコミュニケーションがとっても不便だなと思ったことがきっかけです。

世の中には旅関連のツールやサービスは非常にたくさんありますが、僕の悩みを解決してくれるサービスがありませんでした。

世の中に無いものは自分で作る!

という発想のもとサービス開発をしたという訳です。

サービスを作るにあたって気をつけたこと

サービスを開発をするにあたり気をつけたことは

  • シンプルであること
  • ユーザーの思考を邪魔しないようなサービスにすること
  • なるべく直感的に利用できること
  • 他のユーザーの行動を追跡できないこと

今後の展開

ユーザー面

まだまだ改善の余地はたくさんあると思っていますので、順次改善していきたいと思っています。

ユーザーの旅を支援するツールになれるようにしていきたいと思っています。

ビジネス面

現在は広告もなにもない状態ですが、これからビジネス面では広告や旅行会社様などのとの協業などなどを考えています。

12月 02

今回の旅の目的は 下田の河内温泉にある金谷旅館の千人風呂に入浴することだ。

金谷旅館

この千人風呂は、伊豆一の木造大浴場だ。更に混浴である。木造の女湯としては国内最大の「万葉の湯」というものある。

とにかく、デカイ風呂ということです。

千人風呂は、普通の浴槽と違って、多少深い構造になっている。まさに浅めのプールという感じで、湯船の形が長方形だ。

人が誰もいなければ、是非泳いでみて欲しい。

結構楽しく入浴を楽しむことが可能だ。


より大きな地図で 金谷温泉「千人風呂」 を表示

12月 01

石川さゆりのファンという訳ではないが「石川さゆり ベスト・コレクション」というCDを持っている。

このCDには「津軽海峡・冬景色」「天城超え」「ウイスキーが、お好きでしょ」などが入っていて、結構旅の道連れには良いCD。

そんな「天城超え」の歌詞にも出てくる「浄蓮の滝」を訪れてみた。ここは大学生の時に一度訪れたことがある。ここでわさびのソフトクリームを食べたけど、今ひとつ旨くなかった記憶がある。

さて、20年ぶりぐらいに訪れた「浄蓮の滝」は、昔と変わらず雄大な滝でした。

IMG_3796

IMG_3798

滝の脇に「天城超え」の歌碑がありました。残念ながら、青森の八甲田丸の前にある「津軽海峡・冬景色」の歌碑のように、歌碑の前に立っても石川さゆりの歌声は聴くことはできません。

ん〜、残念。

Tagged with:
preload preload preload